古事記の勉強会 新潟市黒崎

古事記の学び

新潟市黒崎で開催されている古事記の勉強会の様子。

主催者の恵子さんのパートナーでアメリカ人のルークさんが参加されるため英語も学びながら古事記を分かち合って行きます。

自己紹介を英語でしてみたり、古事記の感想や解説を英語でしてみたり。伝わらないところはスマホでコミュニケーション。とっても便利な時代ですな。

ルークさんからは聖書の話を頂いたり、キリスト教のことを教えて頂いたりして古事記における日本人の思想、信仰と対比しながらお互いの文化や思想、信条の理解を深め合って行くことが出来、とてもありがたい時間を過ごさせて頂きました。

驚きの発見があったり、色々考えさせられたり。

駒込のセミナーにはフランス帰りの受講生が参加し、懇親会で少しお話したのですが、この話の中でも強く感じたのはつくづく

identityの時代

なんだなと言うこと。但し、このidentityは日本人が考えるのとはちょっと違うくて、相手を理解するためにはまずは自分や自国の文化、思想、信条を知ると言う意味合いが強いようです。

日本から一歩外にでると自分の考えや自国の文化、思想、信条を知っていることが当たり前のように問われるようですが、日本ではこの辺りを教えが弱いように感じます。

世界で活躍するにはまず自国のことを知り好きになり、自分のことを知り、好きになるからこそ、揺るぎない個が確立し、相手を理解しようと努めることが出来る。

こうした時代の変化の中で、古事記を学ぶ人が増えていることはidentityの確立を求める人が増えてきていることだと確信しています。

そして、その先にあるのは相互理解の世界。その実現は2021年以降となりましょうが、それでもその時に相互理解を深めるには今から自国のことを学ぶことが大切なのだと思いました。

レイキ講習会

子どもが急に熱を出したり、病気になったりすると一番大変なのはお母さん。仕事を休んで医者に連れて行ったり、それこそ休日や夜中だったらなお大変。
 
そんな時のためにレイキを身につけておくと一安心。一旦、レイキを施して様子を見て必要であれば医者に連れて行くようにすることで、お母さんの手間を省き、気持ちも安心出来るかと思います。
 
そんな感じでレイキを家庭の常備薬のような感じで活用して頂けたら家計の医療費も減り、日本の医療費削減に繋がり、浮いた分を次の世代の福祉や教育に使えって欲しい。
 
そんな願いを込めてファミリーケア レイキ講習会を全国で開催しています。
 
ベースは西洋レイキですが伝統霊気や直伝霊気で伝えられている臼井甕男先生の御心をそのままにお伝えできるよう工夫をしています。(直伝霊気に関しては師範の資格がないためお伝え出来ませんが、書籍資料などで誰もが調べて分かる西洋レイキでは伝えられていないことを加味しています。)
 
ご依頼があれば全国どちらへでもお伺いして開催可能です。ご興味があればまずは問い合わせのメッセージを気軽に送って下さい。

西洋レイキにおけるシンボルとマントラ

お陰様でファミリーケア レイキ講習会のご依頼を全国、たくさんの方から頂いています。
レイキは家庭の常備薬。医者にかかる回数を減らすことで、家計の医療費を削減し、日本の医療費を削減し、そして余裕が出た分を子供の福祉や教育費に変えていく。
 
レイキを通じてそんな世界の実現を目指しています。
 
子供が夜中とか、日曜日とかに熱を出したり具合が悪くなったりするとお母さんも心配だし仕事を休んで医者に連れていかなくてはと大変ですよね。
 
そんな時はレイキを活用して少し様子を見るだけでも随分と時間的にも心に余裕が出てくると思います。
 
レイキを身につけてみたいとご興味を持たれたら是非メッセージを送って下さいね。
 
さて、本日はレイキと霊気の違いについて
 
レイキは西洋レイキであり、霊気は臼井甕男先生が伝えていた日本発祥のもので伝統霊気と直伝霊気があります。
 
この二つ、レイキと霊気の決定的な違いはシンボルとマントラ。
 
霊気にはシンボルとマントラは存在せず、西洋レイキにのみシンボルとマントラが存在します。つまりシンボルとマントラが存在した時点で、それは西洋レイキと言うことになります。
 
西洋レイキは高田ハワヨさんが広めたものですが、ハワヨさんは臼井甕男先生のお弟子さんである林忠次郎先生の元で師範の認定を受けています。
 
そのハワヨさんがレイキのティーチャーの育成を始めたのは晩年になってからで僅か数年で22名のティーチャーを育成しました。
 
その育成もセミナー方式ではなく一人一人にマンツーマンで教えてスタイルで一人一人に合った方法で伝えていたため、教え方もそれぞれ違っていたようです。
 
ハワヨさんがお亡くなりになった後、お孫さんのフルモトさんがレイキの協会を立ち上げることになり、そこで初めてハワヨさんが育てたティーチャー全員が顔を合わせました。
 
協会としてティーチャー育成のためのカリキュラムを作成する時にそれぞれのティーチャーがハワヨさんに教わったことを持ち寄ったのですが、その教え方がバラバラで驚いたそうです。
 
当時の口伝という形で伝えられていたレイキ。メモを取ることも禁止されていたようで、それぞれの人の記憶に頼りながら、覚えていることを結びつけ、また、それぞれのティーチャーが行っていたヒーリーングやエネルギーワークなども組み合わせてレイキのカリキュラムが作成されていきました。
 
その時に付け加えられたのが臼井甕男先生の霊気療法の中には無かったシンボルとマントラなのです。

新潟市 古事記の勉強会in黒崎

黒崎で開催された古事記の勉強会。
 
なんとこの会場は主催者である恵子さんの旦那でアメリカ出身のルークさんが参加。
 
英語を学びながら古事記も学べると言うとても贅沢な時間を過ごしました。アメリカの文化と古事記の世界を比較しながら参加者のみなさまと学びを深めて行ったのですが、とてもためになりました。
 
特にルークさんが
 
「日本は歴史が深い国なのに日本人はそれを学ぼうとしないのがとても奇異に見える。もったいない。」とお話し下さったのは耳が痛かった。
 
また英語と日本語の比較や、宗教観、アメリカ人の心情、文化などを古事記の該当箇所と照らし合わせながら、ルークさんに質問したり、教えを頂いたりしてより深く日本のことを客観的に見ることが出来たのは新たな発見の連続でした。
 
聖書に関する見解も、古事記を学ぶ意味もルークさんと同じだったことは嬉しかったな。
 
ルークさんは大学時代に神学を専攻していたようで、日本の神話にも興味があるから勉強したいと参加頂きました。
 
古事記を通じて日本人の精神が世界へどんどん広まっていきそうな予感がしています。古事記って本当、奥が深いですね。

中学校でのお話会

とある中学校でお話をさせて頂きました。全校生徒約280名、先生15名と親御さん含め300名ちょいのみなさまにお聞き頂きました。

お話会前日の夜に、すでに仕上がっていたスライドに対して「面白くない。作り直しなさい。」とダメ出しを頂き、慌てて作り直した甲斐もあり、参加の皆様には喜んで頂けたようで何よりでした。
 
体育館で体育座りの状態で70分と言う長丁場にも関わらず生徒のみなさんが時には笑い、時には泣くなど感情ごと話に引き込まれ、身を乗り出して聞きいる姿はとても頼もしく見えました。
 
ここまで準備をして頂いたPTAのみなさん、そしてそれを支える学校側の協力あって、今回の舞台が整ったことと思います。貴重な機会を与えて頂き本当にありがとうございます。
 
PTAと教師が一体となって取り組む姿は子供達の未来です。素敵なだなぁ。