営業に必要な力とは

お客様の味方になって最適な提案を行うこと

商品を売るためには営業力が必要

会社というのは利益を上げることを目的にした組織になります。会社で扱っている商品が売れなければ利益が出ません。そして、商品を売るためには、営業活動が欠かせないことになります。会社では、営業を行うために、営業マンを使います。営業マンは営業を専門に行うスタッフです。営業マンの仕事は、商品を売ることになります。どんなに知識が豊富な営業マンであっても、商品を売ることができなければ役に立たないことになってしまいます。つまり、営業マンには、営業力が必要ということです。営業力を身につければ、商品が売れることになり、営業成績がアップします。自分には営業の才能がないと思っている人でも、営業力を身につけることはできます。営業力というのは、商品を売る力ですが、商品を売り込む能力ではありません。営業活動に携わる人は、営業力とは何かについて、しっかりと理解しておきましょう。

営業力とは売り込みの能力ではない

営業力のある人は、自社の商品を売ることができるだけでなく、どんな商品でも売ることができます。つまり、営業力を持っていれば、どこの会社でも通じることになります。営業力とは、お客様の味方になる力と言いかえることもできます。誰でも、自分の味方になってくれる人には、心を開きます。お客様との信頼関係を築き、お客様の味方であることをお客様自身にわかってもらえれば、商品は売れることになるのです。お客様の味方になるということは、お客様の立場に立って考えられるということです。お客様の立場になれば、お客様が何を必要としているかがわかり、お客様にとって最適な提案ができます。お客様に納得してもらえる提案をすることで、商品が売れることになります。営業とはお客様の味方になることであり、売り込みすることではないということをしっかり意識しておきましょう。