フランチャイズビジネス特集➀介護会社フランチャイズ

時代を担う介護業界

今でさえ高齢化を体感できるのに、これがまだ始まりというのだから日本の少子高齢化は加速度的に早まっている。高齢になれば言わずと知れた老人介護施設への入所がありますが、実態はなかなか空きもないうえに、有料老人ホームは増える一方ですが、公共の老人介護施設が増えている様子もあまりない。

そんな背景で在宅介護が増えているさなか、介護をフランチャイズで行う方が増えている。そもそも介護フランチャイズは昔からありましたが、ここにきて急激な需要の増加でフランチャイズ加盟として俄かにクローズアップされてきているのです。

介護業に携わっている現在から、大幅な収入アップを目指すならやはり開業しかありませんが、その手助けになるのが介護フランチャイズチェーンです。

今まで培った経験をふんだんに使い、日本の社会を支えるうえに、介護業を大幅に上回る収支があるのですから、これ以上の独立開業もないのでしょう。ぜひ検討してみる価値はあると思います。

今だからできる社会貢献を収入と共に

開業して顧客獲得に困るのではないか?と懸念する方は、若干計算が甘いかもしれません。病院へ行けば老人が長い列をなして診察を待っています。しかしその大概が軽度な患いですから、こういった潜在的な患者が日本にはたくさんいらっしゃる。

そして今後この数が膨れ上がるとされていて、今から始める介護フランチャイズは最大の繁忙期へのプラックティスと受け取ってもいいかもしれません。あなたの知らないところで在宅介護をうけたがっている方は多いですし、いままで老人介護施設だけが就労場所だった方々が、新しい働き場として在宅介護を選び出しているのです。

あなたもかつて介護経験があるなら、その博給にうんざりしたのではないでしょうか。その夢となるのが介護フランチャイズなのです。これに加盟して日々業務に邁進すれば、大きな収入が手に入る確証があるのです。

誰でも参加できる介護業界に、今こそあなたがフランチャイズでチャレンジする時が訪れているのです。

 

介護も内容は大きく分かれますから注意が必要です。収支のカラクリや業務内容など多彩に用意されていて、中には直接介護にならないケースも結構あります。また直接介護のフランチャイズスタイルで収入を得る方法だってあるのです。どちらにしても失敗しないフランチャイズ完全ガイドでは介護関連のフランチャイズをたくさん載せています。

そしてここから各フランチャイズ本部へ資料を一括で請求できるシステムも用意されている。これで取り寄せた資料であなたの道筋を確かめるのは如何でしょか。小規模で始めるデイサービスもいいですし、自宅でできる訪問介護、配食サービスとしてお弁当を届ける業務と、多彩なラインナップですからあなたも悩むでしょう。

いまやこの業界を見ずして日本は語れない大切なものですから、しかと心に刻み込んで真摯な気持ちで検討するのがいいでしょう。

そのための準備は資料請求のみならず、多彩な情報やアドバイスなど掲載しているので参考になることが多いと思います。

営業代行とは

コア部門の営業代行で勝負する時代

営業もアウトソーシングの例外ではなくなった

企業では、いろいろな業務がアウトソーシング(外注委託)されています。言葉通り、外からの調達という意味です。昔から、一般的にアウトソーシングされていた業務といえば、会計・税務などの経理系部門や、工場の作業部門が代表に挙げられます。

経理系部門は、外部の専門家(公認会計士・税理士)へ委託したほうが手続き上の間違いが減り、コストも安く済むことがあります。作業部門は、繰り返す単調作業ということが多く、人材にコストをかけずに済むということになります。こうして、社内で人材を雇うよりも、主にコスト面を重視してきたことがあるでしょう。

時代が進むと、次には自社社員をより重要な業務に就かせるために、価値の低い仕事といっては語弊がありますが、事務仕事やサポート業務をアウトソーシングする方向へ移っていきました。これで盛んになったのが人材派遣の分野です。今はさらに進んで、付加価値の低い仕事ばかりではなく、主要な部門までもアウトソーシングされる時代となっています。

目的は、企業競争力を向上させるために、いっそうの効率化、スピード化、高品質化が求められるためで、アウトソーシングで高度な知識や技術を持つ専門家を集めて各部門を高度化&スリム化し、他企業との差別化を図っていくためにアウトソーシングが活用されているのです。企業利益を生み出すコア部門である営業部門も例外ではなくなりました。営業代行というサービスが利用されています。

課題に合わせて営業代行を利用

営業代行というと、販売代行サービスをイメージするかもしれませんが、単に売ることだけを目的にするのではなく、営業活動に関する業務全般をすべて代行しますから、どうやったら売れるのか、同販売をしたら良いのかなど、リサーチやマーケティングを含んだことから請け負うことになります。営業を養成する時間やコストがない場合、営業方法がわからない場合、人手不足の場合などの課題に合わせて利用されることになります。