営業代行とは

コア部門の営業代行で勝負する時代

営業もアウトソーシングの例外ではなくなった

企業では、いろいろな業務がアウトソーシング(外注委託)されています。言葉通り、外からの調達という意味です。昔から、一般的にアウトソーシングされていた業務といえば、会計・税務などの経理系部門や、工場の作業部門が代表に挙げられます。

経理系部門は、外部の専門家(公認会計士・税理士)へ委託したほうが手続き上の間違いが減り、コストも安く済むことがあります。作業部門は、繰り返す単調作業ということが多く、人材にコストをかけずに済むということになります。こうして、社内で人材を雇うよりも、主にコスト面を重視してきたことがあるでしょう。

時代が進むと、次には自社社員をより重要な業務に就かせるために、価値の低い仕事といっては語弊がありますが、事務仕事やサポート業務をアウトソーシングする方向へ移っていきました。これで盛んになったのが人材派遣の分野です。今はさらに進んで、付加価値の低い仕事ばかりではなく、主要な部門までもアウトソーシングされる時代となっています。

目的は、企業競争力を向上させるために、いっそうの効率化、スピード化、高品質化が求められるためで、アウトソーシングで高度な知識や技術を持つ専門家を集めて各部門を高度化&スリム化し、他企業との差別化を図っていくためにアウトソーシングが活用されているのです。企業利益を生み出すコア部門である営業部門も例外ではなくなりました。営業代行というサービスが利用されています。

課題に合わせて営業代行を利用

営業代行というと、販売代行サービスをイメージするかもしれませんが、単に売ることだけを目的にするのではなく、営業活動に関する業務全般をすべて代行しますから、どうやったら売れるのか、同販売をしたら良いのかなど、リサーチやマーケティングを含んだことから請け負うことになります。営業を養成する時間やコストがない場合、営業方法がわからない場合、人手不足の場合などの課題に合わせて利用されることになります。