カテゴリー別アーカイブ: レイキ講習会

レイキ講習会

子どもが急に熱を出したり、病気になったりすると一番大変なのはお母さん。仕事を休んで医者に連れて行ったり、それこそ休日や夜中だったらなお大変。
 
そんな時のためにレイキを身につけておくと一安心。一旦、レイキを施して様子を見て必要であれば医者に連れて行くようにすることで、お母さんの手間を省き、気持ちも安心出来るかと思います。
 
そんな感じでレイキを家庭の常備薬のような感じで活用して頂けたら家計の医療費も減り、日本の医療費削減に繋がり、浮いた分を次の世代の福祉や教育に使えって欲しい。
 
そんな願いを込めてファミリーケア レイキ講習会を全国で開催しています。
 
ベースは西洋レイキですが伝統霊気や直伝霊気で伝えられている臼井甕男先生の御心をそのままにお伝えできるよう工夫をしています。(直伝霊気に関しては師範の資格がないためお伝え出来ませんが、書籍資料などで誰もが調べて分かる西洋レイキでは伝えられていないことを加味しています。)
 
ご依頼があれば全国どちらへでもお伺いして開催可能です。ご興味があればまずは問い合わせのメッセージを気軽に送って下さい。

西洋レイキにおけるシンボルとマントラ

お陰様でファミリーケア レイキ講習会のご依頼を全国、たくさんの方から頂いています。
レイキは家庭の常備薬。医者にかかる回数を減らすことで、家計の医療費を削減し、日本の医療費を削減し、そして余裕が出た分を子供の福祉や教育費に変えていく。
 
レイキを通じてそんな世界の実現を目指しています。
 
子供が夜中とか、日曜日とかに熱を出したり具合が悪くなったりするとお母さんも心配だし仕事を休んで医者に連れていかなくてはと大変ですよね。
 
そんな時はレイキを活用して少し様子を見るだけでも随分と時間的にも心に余裕が出てくると思います。
 
レイキを身につけてみたいとご興味を持たれたら是非メッセージを送って下さいね。
 
さて、本日はレイキと霊気の違いについて
 
レイキは西洋レイキであり、霊気は臼井甕男先生が伝えていた日本発祥のもので伝統霊気と直伝霊気があります。
 
この二つ、レイキと霊気の決定的な違いはシンボルとマントラ。
 
霊気にはシンボルとマントラは存在せず、西洋レイキにのみシンボルとマントラが存在します。つまりシンボルとマントラが存在した時点で、それは西洋レイキと言うことになります。
 
西洋レイキは高田ハワヨさんが広めたものですが、ハワヨさんは臼井甕男先生のお弟子さんである林忠次郎先生の元で師範の認定を受けています。
 
そのハワヨさんがレイキのティーチャーの育成を始めたのは晩年になってからで僅か数年で22名のティーチャーを育成しました。
 
その育成もセミナー方式ではなく一人一人にマンツーマンで教えてスタイルで一人一人に合った方法で伝えていたため、教え方もそれぞれ違っていたようです。
 
ハワヨさんがお亡くなりになった後、お孫さんのフルモトさんがレイキの協会を立ち上げることになり、そこで初めてハワヨさんが育てたティーチャー全員が顔を合わせました。
 
協会としてティーチャー育成のためのカリキュラムを作成する時にそれぞれのティーチャーがハワヨさんに教わったことを持ち寄ったのですが、その教え方がバラバラで驚いたそうです。
 
当時の口伝という形で伝えられていたレイキ。メモを取ることも禁止されていたようで、それぞれの人の記憶に頼りながら、覚えていることを結びつけ、また、それぞれのティーチャーが行っていたヒーリーングやエネルギーワークなども組み合わせてレイキのカリキュラムが作成されていきました。
 
その時に付け加えられたのが臼井甕男先生の霊気療法の中には無かったシンボルとマントラなのです。

レイキの系統

様々なレイキ教室があり、様々な名前のレイキがありますが霊気・レイキの系統は3つしかありません。
 
 
1.臼井霊気療法学会(伝統霊気)
 
これは肇祖である臼井先生が始められ、今でも当時の教えや伝授の仕方を代々受け継いる唯一の直系で伝統霊気と呼ばれています。
 
但し、現在は一般の方の入会は出来ず、また一般の方に教えることもありません。
 
 
2.直伝霊気
 
臼井霊気療法学会から独立し、自ら霊気療法医院を立ち上げた林忠次郎先生が残した「臼井先生の霊気をコンテンツとしてまとめた」講義ノートを元に、山口忠夫先生が当時の教えを復活し受け継いでいるもので林式直伝霊気または単に直伝霊気と呼ぶ場合もあります。
 
京都、町田を中心に教室が開催され、現在でも山口先生から直接教わることが出来ます。
 
 
3.西洋レイキ
林先生の所で霊気を学ばれたハワイ在住の高田ハワヨさんが故郷で始められたハワヨ先生オリジナルのレイキ。
 
林先生のカリキュラムをより簡素化し、シンボルとマントラ、基本12ポジションなどのコンテンツを開発たことで誰でもレイキをマスターできるように改良工夫してあるのが特徴。
 
臼井先生の名残は失ってしまいましたが、レイキを世界に普及した貢献は素晴らしいものがあります。
 
望月さんのボルテックス、土井さんの現代レイキもこの系統に属します。また西洋レイキをベースに各人の様々な手法をミックスさせた。多くの種類のレイキが生まれました。
 
 
この様な形で現在は臼井先生の教えそのままの伝統霊気、それに近い直伝霊気と元々のレイキから大幅に外れてしまったけれども、世界にその名を広めるのに貢献した西洋レイキの3系統の霊気・レイキが存在します。
 
 
ではその根底に流れる霊気・レイキとは何でしょうか・・・。
 
 
ファミリーケア レイキ講習会では、この様な歴史的な背景を紐解きながら霊気・レイキの楽しさを学び合っています。

レイキのシンボルとマントラ

レイキにおけるシンボルとマントラ。他の教室でレイキを学んだ方が、わたくしの所でレイキを学んで最初に驚かれるのがシンボルとマントラ。
 
霊気はもともと臼井甕男先生を肇祖とする日本発祥の代替医療。その根底にはアニミズムを主体とした日本人的な思想が流れている。
 
そこにナゼか仏教的な要素を持ったシンボルとマントラが突如として現れる。それはナゼか・・・。
 
こう言った背景を理解することで、より霊気・レイキに対して深い洞察と愛情が湧き、その理解と愛情が相手の症状を改善していく。それは自分の根っこを受け入れることへと繋がって行くからだ。
 
霊気・レイキは愛情そのもの。愛情溢れる家族を増やして行きたいと願いファミリーケア レイキ講習会を全国で開催させて頂いています。

ファミリーケア レイキ講習会

お陰様で大人気、全国からご依頼頂いているファミリーケア レイキ講習会ですが、一年間で育成したレイキティーチャーは50名ほど。
 
一年間で本当にたくさんの方とお会いし、レイキをアチューンメントさせて頂きました。ありがとうございます。
 
レイキの実践者が増えることで一つでも多くの家庭が医者や薬いらずになっていけば、家庭の医療費や、いつかは日本の医療費も下がっていくはず。
 
そんな思いを持ちながらレイキをお伝えしています。
 
昨日はわたくしの所で受講したティーチャー同士が集まって何やら理解を深め合う練習会を行ったようです。
 
レイキを通じて新しいコミュニティーが出来上がっていく。何よりも嬉しい状況です。
 
一人でも多くの人にレイキを使えるようになって頂き、医者いらずの家庭を増やし、そして同じ価値観を持った仲間同士で応援試合っていく。
 
まさに思っていたことが実現したことに感謝しています。
 
ご依頼頂ければどちらへでもお伺いしてレイキ講習会をさせて頂いています。ご興味があればお気軽にメッセージ下さいませ。