カテゴリー別アーカイブ: 古事記勉強会

古事記の勉強会 新潟市黒崎

古事記の学び

新潟市黒崎で開催されている古事記の勉強会の様子。

主催者の恵子さんのパートナーでアメリカ人のルークさんが参加されるため英語も学びながら古事記を分かち合って行きます。

自己紹介を英語でしてみたり、古事記の感想や解説を英語でしてみたり。伝わらないところはスマホでコミュニケーション。とっても便利な時代ですな。

ルークさんからは聖書の話を頂いたり、キリスト教のことを教えて頂いたりして古事記における日本人の思想、信仰と対比しながらお互いの文化や思想、信条の理解を深め合って行くことが出来、とてもありがたい時間を過ごさせて頂きました。

驚きの発見があったり、色々考えさせられたり。

駒込のセミナーにはフランス帰りの受講生が参加し、懇親会で少しお話したのですが、この話の中でも強く感じたのはつくづく

identityの時代

なんだなと言うこと。但し、このidentityは日本人が考えるのとはちょっと違うくて、相手を理解するためにはまずは自分や自国の文化、思想、信条を知ると言う意味合いが強いようです。

日本から一歩外にでると自分の考えや自国の文化、思想、信条を知っていることが当たり前のように問われるようですが、日本ではこの辺りを教えが弱いように感じます。

世界で活躍するにはまず自国のことを知り好きになり、自分のことを知り、好きになるからこそ、揺るぎない個が確立し、相手を理解しようと努めることが出来る。

こうした時代の変化の中で、古事記を学ぶ人が増えていることはidentityの確立を求める人が増えてきていることだと確信しています。

そして、その先にあるのは相互理解の世界。その実現は2021年以降となりましょうが、それでもその時に相互理解を深めるには今から自国のことを学ぶことが大切なのだと思いました。

新潟市 古事記の勉強会

昨日は新潟市ユニゾンプラザにて古事記の勉強会でした。

黄泉比良坂編の第二回目。

ここは伊邪那岐命が迦具土神を殺し、伊邪那美命を追いかけ黄泉の国へと向かう場面。
伊邪那岐命、迦具土神、伊邪那美命の気持ちに寄り添って心を読み解いていくと夫婦の、そして親子のとても深い愛情物語に自然と涙がこみ上げてくるのです。

わたくし達の祖先はなんて素晴らしい物語を紡いでいたのでしょうか。字面の意味を追うのではなく、出来事だけを学ぶのではなく、祖先の心に寄り添って、物語として古事記を読み解いていく。

そこから得られた想いを受講生とシェアしながら学び合う時間は数々の発見とアハ体験を繰り返し、楽しい時間となりました。

宿題に大喜び

古事記の勉強会で宿題を出したら、みなさん大興奮(笑)
 
古事記の勉強会はただ読み合わせをするだけなのに、みなさん受け取り上手。読み合わせをした後にそれぞれが感じたことをシェアするのですが、参加者の一言一言がとっても感動ものなんです。
 
意味が分からなくとも日本語と言う音を聞いていると日本人として体の中にあるスイッチがパチパチと入っていくんでしょうね。読み合わせをしているだけで込上げて来るものがあるんです。
 
古事記って本当に奥が深いなと感じます。

神社で味わう古事記勉強会 神明宮

上古町にて開催された

「神社で味わう古事記読書会」

とっても素敵な時間となりました。

テキストを元に参加者と読み合わせリレーを行い、初見だけでそれぞれが感じたことをシェアしあう。
その後、少しの解説を行い、それについてまたシェアする。

それぞれの経験、それぞれの想いを参加者同士で分かち合い、太古の祖先がやって来た行いに照らし合わせて自分自身の人生を振り返る。

その時間はまさに参加者と奏でるハーモニーであり、太古の祖先の想いと共鳴を起こし、自らの変容を促してくれる。

今回は「国生み編」として「わたくし達先祖の仕事観」についてシェアをさせて頂きました。それぞれが、それぞれの感じる力を高めながら学び合っていく。

神様もとっても喜んでいました。

古事記の勉強会 序文 村上市

該当箇所の読み合わせをして、それぞれ感じたことをシェアしていく。

10人いれば十人十色。それぞれの人生を祖先の想いと重ね合わせていく時間。

太古の祖先の想いと自分の想いが共鳴共振を起こし、本当の自分の心が呼び覚まされる。

古事記とは我が祖先の愛の言霊がぎっしりと詰まったメッセージ集。