月別アーカイブ: 2016年3月

古事記の勉強会 国生み

古事記の勉強会が新潟市内で開催されました。参加者は総勢12名。その殆どが女性でした。
 
古事記に興味を持つ人が増えているコトをとても嬉しく思います。そして、女性が多いのも何かを象徴しているのでしょうね。
 
みんなで読み合わせをして、それぞれ感じたことをシェアし合う。12人いれば12通りの感じ方があり、12通りの人生がある。
 
それを古事記の該当箇所と照らし合わせながら、自分自身の人生を振り返る。まさに稽古照今を体現出来る勉強会。
 
『天地はじめて発りしとき』
 
この数行を味わうだけでも120分かかってしまいます。それだけ古事記は奥深いってことですね。わたくし達の祖先は一音一音に想いを込めた文章を残してくれました。
 
それをみんなで分かち合う。
 
教える時代から、学びあう時代へ。
素敵な時代です。

霊気 レイキは奥が深い

霊気・レイキは奥が深い。
 
ファミリーケア レイキ講習会をやるたびに今までの研究成果を付け加えて講習会が進化し、その回ごとに新たな発見があり奥が深いです。
 
わたくしのファミリーケア レイキ講習会はアチュンメントこそ西洋レイキの体裁を取っていますが、内容的には臼井先生の教えをベースに富田先生の理論と思想を加えた独自の内容となっています。
 
そこに日本古来の考え方をミックスし霊気・レイキを体系的に伝えるので他所で受講された方にも「とても分かりやすい。」と好評を頂いています。
 
単に「霊気は宇宙のエネルギーです」的なフワフワした曖昧な内容ではなくて、しっかりとした理論を分かりやすく体系的にお伝えしています。
 
特に富田先生の理論である子宮と霊気、妊婦さんの関係には素晴らしいものがあり、わたくし自身まだ理解が浅いので、もう少し学びを深めてから霊気受講者には公開出来ればと思っています。
 
2名以上集めて頂ければどちらでもお伺いして出張で講習会をさせて頂いています。ご興味があればメッセージにて問い合わせて下さいませ。

古事記の勉強会 神明宮

上古町の神明宮で「古事記の勉強会」を行いました。
今回は序文3回シリーズの最終回。
 
序文を読み合せして、それぞれが音から感じたことをシェアしていく。意味は分からないけど、何度も何度も読むことで体に染み込み、最初は分からなかったことが、いろんな人の感じたことを共有して行くうちに何となく分かりかけてくる。
 
太安万侶先生と稗田阿礼先生がそうしたように。
本居宣長先生がそうしたように。
太古の祖先がそうしたように。
 
この古事記の勉強会は、わたくしが何をかを教える場ではなく、みんなで学びあう場。かつての寺子屋の様な感じで行っています。
 
教えるから学ぶへ。
教わるから学び合うへ。
 
古事記を素敵な人たちと味わい尽くすって、本当に心地よい時間ですね。
 
次回からは「国生み」が3回シリーズで始まります。ご一緒に学び合ってみませんか。

集客は愛情

がむしゃらに行動するからこそ現実を変えられる。
 
集客の相談を受けているとたまに
 
「たくさん来なくてもいいです。分かってくれる人が来てくれれば。」
 
と言う人がいる。その人に
 
「なぜ、この仕事を始めたんですか?」と問うと
 
「わたくしの経験や出来ることを通じてたくさんの人のお役に立ちたいからです。」と答えが返ってくる。
 
そんな方に贈る言葉がある。
 
「たくさんの人のお役に立ちたいと思いながら、分かってくれる人だけが来てくれれば良いと思っていますよね。と言うことは、あなたはご自分で制限をかけていませんか?悩んでいたり、困っている人は関係無い、わたくしのこと分かってくれる人だけで良いって・・・。」
 
「集客はあなたと同じように悩んでいる人に対する愛情なんです。諦めたらそこで終わり。最初っから諦めていたら、宇宙はそのようにしか采配を振ってくれません。がむしゃらに行動するからこそ現実を変えられるんです。」
 
「みっともなくても良いんです。泥臭くてもいいんです。そこまでがむしゃらにやった結果、少人数しか集まらなくても良いんです。しかし、その想いはきっと次に繋がるんです。宇宙はちゃんと見ていてくれますから。」
 
「あなたのことを待ち望んでいる人がきっといるはずなんです。その人に伝えきる工夫をしなかったら、何のためにその仕事を始めたのでしょうか。集客とはあなた自身に対する愛情なんです。諦めずに、笑われてもいいから、愛情込めて取り組みましょう。」と・・・。
 
その人はそれから毎日、自分の想いを綴った一言と共に自身のイベントを告知し始めました。イベント開始直前まで諦めることなく。
 
その想いはきっと次なる扉を開くでしょう。
 
あなたは集客に愛情を込めていますか?

ネガティブ君のお仕事

ネガティブな感情とは、あなたの味方、一種の警報機。

本人の顕在意識に浮かび上がる前に異常を見つけネガティブなメッセージを送ってくれる。

正しい状態に戻るまで鳴り止まない。

ネガティブな感情に耳を傾けてみよう。

ちなみに鳴り止ませるには意味付ける変えると良い。